トップ

インプラントの材料の主流は

インプラントの基本

顎

チタンでできているインプラント

欠損した歯の代わりや、審美治療においても大きく躍進してきたインプラント。自費診療になりますが、その効果の高さから希望する人も多くなってきました。従来は歯を失った場合、いわゆる入れ歯やブリッジといった治療法が行われてきましたが、見た目が悪い、噛みにくいなどの問題がありました。それらの問題を解決したのがインプラントです。これによって、存分に食事を楽しんだり、自分の歯に自信を持てるようになるでしょう。現在はチタン製のものが主流になっています。骨と結合しやすく、アレルギーを起こしにくい生体親和性の高いチタンが使われるようになったのです。

人工歯根 の金属はチタン製

インプラントは、失った歯が埋まっていた部分の顎骨に穴を開け、金属製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療です。ブリッジ、入れ歯といった従来の治療法と比較すると、他の健康な歯に負担をかけることがなく、骨と結合させるため、自然歯のような咬合力を取り戻せるメリットがあります。現在インプラントの材料は、チタンが主流です。その理由は生体親和性が高く、骨が異物と認識せずに、新しい骨が周囲に取り付くことによって一体化できる特徴があるからです。また、チタンは咬合力を受け止めるだけの硬度、強度を持った金属です。

↑PAGE TOP